ガイガーカウンターの価格が異常に高い!

震災以来、放射線量を測定するガイガーカウンターの需要が高まっているのは皆
さんすでにご存じのことと思います。しかし、このガイガーカウンターの価格が
異常に高いと思っているのは私だけでしょうか?専門的な装置ですし、ある程度
価格が高いのは理解できますが、この需要に付け込んで業者が便乗値上げをして
いるような気がしなくもありません。もう少し、安価なものがあれば私も購入し
ようかと思っているのですが今の状態では買えません。


中には価格が異常に安いものもありますが、これらはどうも粗悪品、不良品、偽
物が多いようです。人が困っているときに、どさくさにまぎれて、弱みに付け込
んでそんな商品を売りつけるなんて許せません。それに、通常のちゃんとした商
品でも、価格設定が高めで値引きなんてありません。足元を見られているような
気がします。皆で助け合わないといけないこんなときなのに、そんな中、必要以
上に商売に勤しむなんて、なんとも困ったものです。


最近は、猫も杓子もガイガーカウンターを売り始めて、適当な商品に適当な価格
をつけているようで、どのお店も信用できません。悪徳業者を摘発するためにも、
購入に関するガイドラインの作成や価格の調査などが必要な時期に来たのではな
いでしょうか?そうしないと、騙されて購入する人が沢山出てくると思います。
こんな機械が家庭で必要になって、こんなことで悩まないといけないなんて複雑
な気持ちです。皆さんはどう思われますか?

Posted in 価格 | コメントは受け付けていません。

最新のガイガーカウンターを購入するメリットとは

ここ最近、放射線に関する関心が高まっているので自分でも測定できたらといった理由からか、ガイガーカウンターを購入する人が増えてきています。ガイガーカウンターの販売に関しても、以前はあまり販売している数は少なかったのに、ここのところ、販売している種類も増えてきているのです。この、たくさん販売しているガイガーカウンターは以前から販売されている古いモデルの物などもあり、さまざまですが、敢えて最新のガイガーカウンターの購入をオススメします。


最新のガイガーカウンターの購入をオススメするメリットとして、最近のモデルのガイガーカウンターは電源もUSBから電源を供給できるメリットがあるものもあります。そして、このようなUSB可能なモデルは動作に関しても、ファームの最新をインストールすることが出来るので、良い状態を保ちつつ、利用することが出来ます。古い型のガイガーカウンターを購入するとこのようなメンテはまず出来ないので、以前の型に比べ使いやすくなっているのです。


他にも、最新のガイガーカウンターはメーカーによって特徴がそれぞれですが色々なメリットがあり、例えばとあるガイガーカウンターは家庭用として発売されるのでリーズナブルな値段で購入できるようになったり、とあるガイガーカウンターは食品測定機能が搭載された物も出てきています。そして、最近のガイガーカウンターは、比較的、測定時間が早いといったメリットもあるので、利用するなら最新のガイガーカウンターを購入する事をオススメします。

Posted in メリット | コメントは受け付けていません。

ガイガーカウンターの新たな仕組み

震災以降、それまで考えてもみなかったことをいろいろ考えたり、勉強したりす
る機会がありました。その中で興味を持ったものの一つが放射線量を測定するた
めの装置、ガイガーカウンターについてです。ガイガーカウンターの仕組みなど
いろいろと調べて勉強になりました。最近では品薄ではあるものの個人でも買え
る値段の物が沢山あるようです。私はまだ購入していませんが、携帯式の物を買
って自分がいる場所の放射線量の測定に利用する人が多いようですね。


このガイガーカウンターについて考えてみたのですが、放射線量を知ることがで
きるので役に立つのでしょうが、冷静に考えると機能としては結局、放射線量を
測るだけ。しかもその場、その時の放射線量だけ。情報が非常に限られています。
ガイガーカウンターをネットにつなげて、ユーザーが最新情報をアップできるよ
うな仕組みを作って、サーバー上の情報と照合して、どこの場所が現在地よりも
放射線量が少ないかなどがわかれば、より役に立つと思うのですが・・・。


それから二つ目のアイディアとして、放射線量予報のような仕組みがあれば良い
のではないかなと思います。例えば今いる場所の30分後の放射線量がどうなるか
などの予測ができれば、放射線量が上がると予想された場合に別の安全な場所に
移動することが可能です。自分は専門家じゃないので実現可能なのかどうか全く
分からないけど、実現可能かどうか考えず、単にユーザーの立場から考えるとそ
ういうものを作ってほしいところです。こういうのって、むしろスマートフォン
とかにガイガーカウンターの機能をつける仕組みを考えたほうが早いのかな。

Posted in 仕組み | コメントは受け付けていません。

ガイガーカウンターの仕組み・信頼性

先の震災・原発事故以来、放射線量の測定に関心が集まっています。健康に大き
な被害を与える可能性がある問題だけに深刻です。市場には個人でも購入できる
放射線測定装置であるガイガーカウンターが出回っています。ガイガーカウンター
の仕組みがわかっていなくてもボタンひとつで簡単に放射性物質の量が測定
できるので多くの人が購入し、測定しています。中にはインターネット上のブロ
グや投稿サイトで個人で測定した測定結果を掲載している人もいます。


こういった動きの中で気になることがあります。ひとつはこういった測定結果の
信頼性です。測定者の不注意により値が実際とは大きく異なる場合があります。
盲目的にそういった値を信じるのは危険です。そもそも、格安のガイガーカウンター
は測定値が正確ではありませんし、測定の仕方(場所、高さ、風の影響)、装置
の仕組み、構成などによって値が大きく変わることがあります。また、機種
やキャリブレーション(較正)の違いによっても値が変わります。そのため安易
に値を比較するのは危険だと思います。


ガイガーカウンターを使って測定した本人は善意で測定し、結果を公表したつもり
でも、思わぬ風評被害を生むことがあります。何が起こっているかを正しく把握
するためには正しい情報が不可欠です。少しでも情報がほしいと思っている人
がいるため、そういったことをやめるべきだとは言いませんが、何らかのチェック
体制が必要かもしれません。今後、行政が率先してそういう仕組みやガイドライン
のようなものを作る必要があるのではないかと思います。

Posted in 仕組み | コメントは受け付けていません。

国定公園に放射線測定器を置いてほしい

皆さんは国定公園を知っていますか?国定公園とは環境省が指定をしている公園で、国が管理している国立公園と違い、管理は都道府県が行っています。国定公園と言うと大自然豊かな北海道や九州など地方を思い浮かべる人も多いと思いますが、実は関東にも結構あるんです。千葉の房総半島や、神奈川の丹沢、東京の高尾もそうです。関東に住んでいれば、これらの公園を一度は訪れた事があるのではないでしょうか。しかし、手軽に美しい自然を楽しめるこの公園に不安な思いを抱かずにはいられません。放射線測定器の1つも置いてくれないのですから。


千葉の房総半島の南房総国定公園は東京湾を望む穏やかな内房海岸線に、外海の荒い波を受けている外房海岸線、それに隣接する緩やかな丘陵地帯からなっています。これらの地域には国定公園を訪れた観光客のために、新鮮な魚介類を販売する産直マーケットやレストラン、整備された海水浴場、丘から海岸線を眺めるケーブルカーなど楽しめる施設がいっぱいです。景色を楽しみ、美味しいものを食べてドライブも楽しめ、東京近郊から多くの観光客が訪れていました。


私も大好きなこの南房総。何度も訪れています。しかし、福島原発事故以降、一度も訪れていません。いくら政府が大丈夫だと発表しても、施設は問題ないと言われても、今となっては美しい景色をみても、新鮮な魚を食べても心底楽しめないのではないかと思うからです。放射線は本当に大丈夫ななのか?自分のお気に入りの場所を確認するためにも放射線測定器を持って出かけてみたいです。しかし、国定公園ならば自治体が放射線測定器を設置してくれても良いのではないでしょうか。

Posted in 公園 | コメントは受け付けていません。

自分に合った種類のガイガーカウンター

今回福島原発の事故を受けて、自分の周りの放射線について考えるようになりました。
私は福島とかなり離れた場所に住んでいますが、やはり近くに原発はあります。
いつ事故が起きてもおかしくない状態だとも思うので、自分に合った種類のガイガーカウンターを選ぶことを考えました。

放射線には、α線、β線、γ線、X線等があり、それぞれ物質を突き抜ける能力(透過力)が違います。その数値を検知するのがガイガーカウンターですが、種類もたくさんあり、現在販売されているものは、一台ですべてを計測できるものが存在しないそうです。
水や食品に含まれる放射線を計測できるものも少ないそうです。
測定単位の「シーベルト」とは、人が放射線を受けた時の影響の程度を表す単位です。


福島原発事故後、ガイガーカウンターは売り切れ続出なのですが、自作キットも販売しているようです。
私が調べた中では市販のものでは4、5万円程度から30万円もする高価なものまで幅広くあり、やはり高いものの方が微量な放射線物質も検知できるようです。
一方、自作キットは1万5千円程度でα線、β線、γ線を測定でき、身近な物の放射線をできるそうです。ただし、ホビー向けの商品なので、どこまで正確な数値が出るかは、市販の物と比べてみる必要があるかもしれません。
大手企業でも家庭で簡単にγ線を測定できるカウンターを10月頃に販売するそうです。
今後も低価格で様々な種類のガイガーカウンターが次々と登場しそうな勢いですが、自分の知りたい機能をしっかり調べて購入するようにしたいです。

Posted in 種類 | コメントは受け付けていません。

子供がよく行く公園でのガイガーカウンターの使い方

原子力発電所の事故以来、特に子供の健康のことが心配なので、子供がよく行く
場所(公園など)の放射線量は自分でガイガーカウンターを使って測っています。
放射線量については地域によってはテレビなどで発表があるものの、自分が今ま
さに立っている場所がどうなのかを知るにはガイガーカウンターによる測定は欠
かせないと思います。私はいつも携帯して測定しています。今ではガイガーカウンター
の使い方・測定の仕方もしっかりとマスターしました。


最初のうちは同じ公園内で測定しても場所や測定の条件によって数値が違ってい
ました。理由がよくわからなかったのでインターネットで「放射線量 測定 公
園 留意点 ガイガーカウンター」などのキーワードを組み合わせて検索すると
結構たくさん関連情報がヒットしていろいろな情報を得ることができました。公
園での測定での注意点を見つけることもできました。注意しないとすぐに誤った
値を測定してしまうようなので、すでに使われている皆さんももう一度使い方・
測定の方法などを確認されるのが良いかと思います。


実際使ってみると、正しい使い方をしても、ガイガーカウンターに表示される放
射線量の数値が少しばらつくときもありますが、放射線量が多いか少ないかを知
る目安ぐらいにはなりそうです。自分の身は自分で守る!ぐらいの意気込みがな
いとこれからは生きていけないですよね。問題があまりにも大きくて解決のため
に私ができることはそんなにありませんが、せめて子供を放射線量が少しでも少
ないところにいれるようにしてあげたいと思います。

Posted in 使い方 | コメントは受け付けていません。

ガイガーカウンター(放射線量測定器)の仕組みと種類

地震の際の原発事故による放射能漏れが起こって以来、放射線量の測定に関する
関心が高まっています。最近では家電量販店や、オンラインショップで放射線量
測定器(ガイガーカウンターなど)が個人でも購入できます。価格もやや高額と
はいえ、個人で買えない値段ではありません。さて、こういった放射線量測定器
ですがいくつか種類があり、仕組みも異なります。何を測定したいかによって、
検出方法を選択する必要があります。


たとえば、表面の汚染を測定したい場合はベータ線の測定できるガイガーカウンター
が適しているでしょう。ところで、「ガイガーカウンター」という言葉が広く放射線量
測定器の意味で使われていますが、ガイガーカウンターはあくまでも放射線量測定器
の一種です。本来はガイガー=ミュラー計数管を用いた放射線量測定器のことを
ガイガーカウンター(あるいはGM管)といいます。ここでは本来の意味での
ガイガーカウンターのことをいっています。


また、空間線量や積算線量を測定する場合はガンマ線を測定しますので、ガンマ
線測定に適した仕組みをもつ放射線量測定器を使うほうが良いでしょう。この場
合、ガイガーカウンターよりもシンチレーターを用いた検出器を選ぶほうが精度
が高いでしょう。中には両方搭載した機種もありますがそういったものはサイズ
も大きくなり価格も高くなります。放射線量測定器を使用する際は検出器の仕組み
と特性を理解した上で、正しい機種選びをしましょう。

Posted in 仕組み | コメントは受け付けていません。

ガイガーカウンターのメリットについて語る

ガイガーカウンターのメリットについて語ります。ガイガーカウンターは、放射線量を測定する機械です。とあるガイガーカウンターを製造している業者によりますと、このガイガーカウンターは、通常であれば、数カ月に1個程度しか、売れない商品でしたが、東日本大震災以降は、爆発的なヒット商品になっているそうです。テレビの報道等でも、放射線量というものの情報は流れておりますが、ガイガーカウンターを独自に購入し、自分の身は自分で守りたいという人が多いのでしょう。


市販されているガイガーカウンターのメリットとしては、インターネット等で購入して自分で測定することで、リアルタイムに放射線量を知ることができるということでしょう。ただ、本格的な測定器と比べてしまいますと、一般家庭に出回るようなものでは、測定レベルに限界はあるかと思いますので、自分で測定した放射線量をそのまま鵜呑みにするのはどうかとは思います。あくまで、ひとつの目安として考えておくのが良いのではないでしょうか。


特に小さなお子様をお持ちの親御さんであれば、子供達が遊ぶであろう公園の砂場や幼稚園の園庭、また学校の通学路等の放射線量というものも気になるところだと思います。そうした気になる地域の放射線量を瞬時にはかることができるというのが、ガイガーカウンターのメリットではないでしょうか。ガイガーカウンターで放射線量を測定する生活というもの自体、おかしな感じであって、早く平和な生活になってくれることを切に願うばかりです。

Posted in メリット | コメントは受け付けていません。

ガイガーカウンターの正しい使い方はネットで探そう

震災による放射能事故以来、各地で放射線の量に関心が高まっているように思い
ます。すでに、個人でガイガーカウンターを購入して、放射線量を測定してその
情報を公開している人もたくさんいます。ソーシャルネットワーク、ブログなど
を使って情報を共有しようという動きはインターネット時代ならではの動きと言
えます。ガイガーカウンターの使い方は難しくないため、これから購入して情報
を公開していこうと考えている人も多いと思います。


情報を共有するのは良いことだと思いますが、一つ注意しなければならないのは、
「正しい情報を共有する」ということです。間違った情報を共有することは風評
被害などをはじめ、様々な問題を引き起こします。そのためにもガイガーカウンター
の正しい使い方をマスターしておきましょう。細かい理論はよくわからない
という人でも「ガイガーカウンター 正しい使い方」などの検索語で検索すると
インターネット上で有用な情報を見つけることができます。


正確な放射線量の測定をするための測定条件や装置を取り扱う際の注意点、測定
値の信頼性などを見つけることができます。正しい使い方をするためにそれほど
特別な知識や専門の知識は必要ありません。必要最低限注意すべき点をしっかり
と押さえて、ガイガーカウンターによる正しい放射線量の測定を行いましょう。
正しい使い方をマスターして正しい情報を発信するよう心がけましょう。いろい
ろな情報が錯綜している昨今、正しい情報を発信することが一日も早い復興につ
ながります。

Posted in 使い方 | コメントは受け付けていません。